2013年8月アーカイブ

神戸でできるマッサージは

マッサージというと肩こりや腰のハリなどをほぐしてくれる、非常に気持ちのいいものですが、男性が受ける場合は2種類あります。

一つは肩こりや首こり、腰のハリなどをほぐす世間一般のものですが、神戸に行くと一風変わったものになります。



アロマオイルを使ってマッサージしてくれるのは、まずはうつ伏せになって肩や首などの硬直した筋肉です。

バスタオルを体にかけ、リンパに沿ってほぐしていくと、血流がよくなり、体がほぐれてくるのがわかります。



とはいえ、ここまでは通常と同様で、男性も女性も同じことが行われます。

男性がひそかに楽しみにしているのが、このあと行われる通常とは違うタイプのものです。

体がほぐれ、心身共にリラックスしてきたところで、男性機能の改善や増幅を目的に行う回春マッサージへと入っていきます。

鼠蹊部や睾丸をマッサージすることで、性的興奮が高まっていきます。



エステティシャンにはオプションでトップレスになってもらうこともでき、男性にとって至福のひと時となることは間違いないでしょう。

通常の風俗に飽きた方はいらっしゃいませんか?確かに、ローションプレイでシックスナインや、フェラチオなどを楽しむのは最高の快楽だとは思うのですが、たまには別のプレーをしてみるのなんていかがでしょうか?そこで、神戸回春マッサージをお勧めしたいなあと思うのです。

ここはマッサージをやってくれるのですが、通常のマッサージと違って全身をマッサージしてくれるのですが、それは下半身までも含まれているのです。

つまりは、かわいい女の子が甘い吐息と、オイルを塗りたくって密着してきますので、興奮度はマックスに達することでしょう。

その上で体のコリをとってくれて、ビンビンの状態で最後は一物をしごいてくれて、最高の気持ちで精射させてくれるのです。

体の疲れも取れますし、欲求不満の解消もできて一石二鳥ですよね。

詳しくは、漫画でわかりやすく説明されていますので、密着性感マッサージの魅力を知り尽くしてほしいなあと思うわけです。

潮吹きのやり方は、まず女性を十分な性的興奮状態にしなければなりません。

十分に前戯を施し、性的興奮が絶頂期を迎える寸前まで持っていかなければならないのです。

これが重要なポイントになります。

2度、3度と経験するうちに性的興奮によって容易に肉体が反応し潮吹き状態を作ることが可能ですが、初めての場合は十分な準備が必要です。

決して急がず性的興奮状態に時間をかけて導いてください。

十分に性的興奮が高まったところでGスポットを指で刺激することになります。

右手の人再指と中指を揃えて指の腹を上にして膣に挿入します。

すべて挿し込んで軽く手前に折って膣壁の上の部分に当たったところがGスポットです。

位置は女性によっても違いますが、だいだいは同じ位置です。

2本の指で手前に折るようにして激しくGスポットを刺激します。

女性は仰け反るようにして快感を受け止めるので感じ始めたかどうかはそれで分かります。

2本の指によるGスポットへの刺激ははそのまま続けてください。

10分から15分続ければ、やがて潮を吹き始めます。

快感が絶頂期を迎えた証拠です。

女性は馴れて来ればちょっとした性的興奮でも潮を吹くように体が変化してきます。

女性の肉体の神秘です。

先月僕は生まれて初めての体験を幾つかしました。

その一つが回春エステに行ったことです。

これまでソープやピンサロには行ったことがありましたが、回春エステは初めてでした。

響きからただ手コキをして終わるだけといったイメージがありましたが、いざ足を運んでみるとそのイメージとは全く違い、これまで味わったことがない快感を得ることが出来ました。

そこでもう一つの初体験がそのプレイ内容です。

回春マッサージでは当然のプレイ内容の一つなのかもしれませんが、亀頭マッサージというものに快感を超え、悶絶してしまいました。

イクギリギリで止められの繰り返しで、もう頭の中は真っ白になってしまい、最後の方では自分の声なのかとわからないような声まで出してしまったほどです。

最後のフィニッシュの射精をしたときには、意識がなくなるんじゃないかというほどの快感に震えてしまいました。

この亀頭マッサージには僕が受けたような寸止めの他にも、何度も何度もイカせることで、最後には女性のように潮吹きまでしてしまうプレイもあるそうです。

また次回足を運ぶ際にはそちらも体験してこようと思っています。

本当にこれまでにはない新しい経験でした。

MTBlog42c2BetaInner

2013年11月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ